LongBeachGuestHouse

スリランカン旦那様の来日とサーフィンの思い出

私の旦那(サーマ)の初来日と日本でのサーフィンライフを思い出してみたいと思います。

2002年私達はスリランカで結婚して、サーマが日本に行くビザをもらい、日本で生活することになりました。

当時マイボードを1本も持っていなかったサーマが、

日本へ行って仕事して自分のお給料でマイサーフボードを買うのが初めの目標でした。

(10年後スリランカに130本サーフボードが到着するまでのストーリーはまた今度。)

来日して1週間は私の実家に住まわせてもらいました。

その1週間で、仕事を決めて部屋を決めて引越ししました。

まだ日本語もあまり喋れなかったサーマですが、

お仕事に行って、本当に沢山の経験をしたことだと思います。

スリランカでのんびりビーチボーイしていたころとは大違い。

日本でお金を稼いで生活していくことの大変さを学びました。

週末はもちろんリフレッシュのため、サーフィン!!

千葉へ行きました。

真っ黒の砂浜を見てびっくりしていましたね~。

そして、日本人のサーファーの多さも。

小さな波でも、千葉は混雑していますから。

お友達から貸してもらったウェットスーツをきて、

千葉でサーフィンしました。

冬になっても私達はサーフィンしに行きました。

雪が降った時もサーフィン。

サーマのあの長いまつ毛に雪が積もって笑ったな。

手がかじかんで、頭も痛くなるほど寒い冬の海でも

サーフィン大好きな私達は毎週千葉へ行っていました。

暖かさを求めて館山や、伊豆まで行きました。

車は親から借りて、私が運転していきました。

サーマは免許を持っていなかったので、私がいつも運転手でした。

それから子供を授かるまで3年間、

夫婦でサーフィンライフを楽しんでいました。

せっかく日本に来たんだから、観光したいって普通思いますよね。

でも私達はサーフィンおバカさんだったので、観光する時間がもったいなくて、

サーフィンばかりしていました。でも行くとしたらサーフトリップでした。

なかでも新島サーフトリップでは、フェリーに乗ったのがとても喜んでいました。

バリも行きました。今まで自分がガイドしていたけど、バリでお客さんの立場になったことも良い経験だったと思います。

サーマは日本語がとても上達して、日本の生活にも慣れたころ、

2006年長女誕生。2008年二女誕生。

それから私達の子育てと、子連れサーフィンライフが始まりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*